« 認知症の問題行動対策 ①薬物編 | トップページ | 介護者の負担軽減のために »

2015年5月14日 (木)

認知症の問題行動対策 ②対応編

認知症の問題行動対策として、薬物治療以上に重要なのが、「上手な対応」です。

これ無くして、問題行動の改善は期待できません。


「昔より怒りっぽくなった」ので、薬を使ってほしいという方が結構います。

でも、よくよく話を聞くと、患者さんが忘れたり失敗したりすると、介護者がそのたびに注意して、結局口論になるというのが真相でした。


認知症とは、「病気の進行によって、昔できていたことができなくなる」という特徴があります。

・病気の進行によって→患者さんのせいではない

・昔できていたことができなくなる→注意しても昔と同じようにはできない

ということです。


患者さん自身、「何かがおかしい」ということに気がついていますが、どうしたら良いのかわかりません。混乱の中にいるのです。

そのため、強い焦りや不安、恐怖といった負の感情にとりつかれやすい状態になっています。

ここに、介護者からの「なんでできないの?」「この前も注意したのに!」という言葉が浴びせられると、反動で攻撃的になってしまいます。

また、怒られたというエピソードは忘れてしまうのですが、イライラした感情は持続するので、その後の行動にも影響します。


患者さんは、失敗しないように気を付けることが非常に難しく、失敗を教訓にすることも困難です。

ですから、介護者は

・怒らない

・注意しない

・けなさない


ようにしてあげる必要があります。

最初は介護者の忍耐が必要ですが、そこを超えると win-win の関係になれるかもしれません。


患者さん自身、物事がうまくいかなくなっていることに苦しんでいます。

「出来なかったことを注意する」→「出来たことを褒める」という発想の転換も大切です。


http://kumeiin.jp/

« 認知症の問題行動対策 ①薬物編 | トップページ | 介護者の負担軽減のために »

BPSD(問題行動)」カテゴリの記事

認知症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600984/61562342

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症の問題行動対策 ②対応編:

« 認知症の問題行動対策 ①薬物編 | トップページ | 介護者の負担軽減のために »

最近の写真