フォト

最近のトラックバック

« 難聴を放置しないで | トップページ | 認知症と運転 »

2015年6月29日 (月)

アルツハイマー病の最期

アルツハイマー病は、認知症を起こす病気として最も多いものです。

 

この病気は進行性で、現在の医学では完全に止めることはできません

 

進行していくと、物忘れだけでなく、服の着方が分からなくなったり、家族が分からなくなったり、最後には体の動かし方が分からなくなってしまうこともあります。

 

今回は、アルツハイマー病の最期についてご説明します。

 

アルツハイマー病の多くは、少し前のことを忘れてしまうもの忘れや、日付が分からなくなるといった症状で発症します。

 

これらの症状は、数年かけて徐々に進行していきます。

 

進行に伴って、BPSDという問題行動(周辺症状)が出現することがあります。

 

BPSDで代表的なものは、被害妄想や怒りっぽくなる(易怒性)、徘徊などです。

 

発症して5年から10年くらいすると、さらに症状し、家族のことが分からなくなる、服が着れなくなるなどの症状が出現します。

 

また、このころから徐々に体の動きが悪くなってくることもあります。

 

これは、体を動かす働きをする部分の脳が萎縮することによって起こります。

 

さらに進行すると、物事に対する反応が乏しくなり、自力で起きていられず寝たきりとなったり、食事をとることもできなくなってしまいます

 

実際には、進行の程度に個人差がかなりあり、極めてゆっくり進行することもあれば、これよりも早いこともあります。

 

傾向として、若年発症の方が進行が早く、高齢発症の場合はゆっくりな傾向があります。

 

実際にはほとんどの患者さんが高齢発症であるため、完全に寝たきりになる前に他の病気などで生涯を終えることが多いと思われます。

アルツハイマー病は、物忘れの病気ではありますが、病気の性質上、最後にはどうしても自宅で介護することが困難となります。

もし、進行してしまったアルツハイマー病を介護されているのであれば、入院や入所という方法も、とても大切であると思います。

« 難聴を放置しないで | トップページ | 認知症と運転 »

認知症」カテゴリの記事

アルツハイマー病」カテゴリの記事

認知症の介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルツハイマー病の最期:

« 難聴を放置しないで | トップページ | 認知症と運転 »

最近の写真

  • Cog
  • Photo
  • Photo_2
  • Graph
  • Dsc_9931
  • 01