フォト

最近のトラックバック

« 認知症と運転 | トップページ | アルツハイマー病の脳の変化は発症20年前から »

2015年7月23日 (木)

熱中症にご注意

暑い日が続いていますね。

梅雨明けと同時に熱中症になる患者さんが急増します。

若い方の熱中症と違い、高齢者の熱中症は、半分以上が室内(家)で起こっているといわれています。


高齢者は、加齢による影響で暑さを感じにくいと言われています。

また、発汗する能力も低下しているため、若い人より熱中症にかかりやすくなっています。

喉の渇きも感じにくいため、脱水傾向になっていても水を飲まないこともあります。


さらに、認知症があると、これらの感覚の低下が著しく、さらに適切な服を選ぶこともできず、夏なのに厚着をしていることもあります。


熱中症対策として風通しを良くするというのがありますが、都市部では不十分な印象があります。

というのも、窓は開けていたけれど熱中症になったという患者さんは珍しくないからです。


電気代はかかりますが、エアコンの力を借りるのが現実的ではないかと思います。

室温は26~27度くらいでしょうか。


水分補給については、高齢者は喉が渇きにくいので、喉の渇きと関係なく定期的に飲むというのも方法です。


尿の色がいつもより濃ければすでに脱水傾向がありますから要注意です。

逆に薄ければ水のとりすぎになります。


時々、水のとりすぎによる低ナトリウム血症(体の塩が不足する)で意識障害やけいれんを起こすことがありますので、注意してください。


それに、お部屋に温度計と湿度計をおくことをお勧めします。

« 認知症と運転 | トップページ | アルツハイマー病の脳の変化は発症20年前から »

認知症」カテゴリの記事

認知症以外の疾患」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱中症にご注意:

« 認知症と運転 | トップページ | アルツハイマー病の脳の変化は発症20年前から »

最近の写真

  • Cog
  • Photo
  • Photo_2
  • Graph
  • Dsc_9931
  • 01