フォト

最近のトラックバック

« 日本一の花火 | トップページ | おとなしいせん妄にご注意を »

2015年9月11日 (金)

MRIでは認知症の発症予測はできない。

認知症を診断するために、頭部のMRIを行うことはほぼ必須であるといえます。

 

認知症の最大の原因であるアルツハイマー病患者さんでは、海馬の萎縮が目立つため、MRIで萎縮の有無を確認します。

 

脳血管性認知症であれば、脳梗塞があるため、これもMRIでよくわかります。

 

頭部MRIが、認知症を発症している患者さんにとって有用であることは、疑いの余地はないと思います。

 

では、発症予測という意味ではどうでしょうか。

 

フランスで行われた研究についてご紹介します。

 

1721人の認知症でない人にMRIを行い、さらに10年間追跡して、その間に認知症を発症したか調べた研究があります。

 

この研究では、認知症発症前のMRI画像を、統計的に解析しています。

 

アルツハイマー病でみられる海馬の萎縮についても検討されています。

 

しかし、残念ながら、認知症発症前に行われたMRIをもとに、10年のうちに認知症を発症するかどうかを予測することはできませんでした

 

Stephan, B. C. Tzourio, C. Auriacombe, S. et al. Usefulness of data from magnetic resonance imaging to improve prediction of dementia: population based cohort study. BMJ 2015;350:h2863

 

やっぱりそうだろうなというのが、率直な感想です。

 

アルツハイマー病に限って言えば、海馬の萎縮が目立つのは、認知症発症の時期とほぼ一致しているという印象です。

 

もし、発症を予測するのであれば、アミロイドβ(Aβ)を検出する検査の方が、おそらく有用であると思われます。
(アルツハイマー病の脳の変化は発症20年前から)

« 日本一の花火 | トップページ | おとなしいせん妄にご注意を »

アルツハイマー病」カテゴリの記事

認知症の検査」カテゴリの記事

認知症の予防」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MRIでは認知症の発症予測はできない。:

« 日本一の花火 | トップページ | おとなしいせん妄にご注意を »

最近の写真

  • Cog
  • Photo
  • Photo_2
  • Graph
  • Dsc_9931
  • 01