« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月27日 (火)

アルツハイマー病の自覚症状

アルツハイマー病患者さんに、「ものわすれの自覚症状はない」とされています。


実際に、ある程度進行した患者さんでは、自覚症状は乏しいと思われますし、アルツハイマー病発症の2~3年前から、自覚症状がなくなるという報告もあります。
(Robert S Wilson, Patricia A Boyle, Lei Yu, et al. Temporal course and pathologic basis of unawareness of memory loss in dementia.Neurology. 2015 Aug 26; pii: 10.1212/WNL.0000000000001935.)

また、自身の経験からも、アルツハイマー病に自覚症状がないとするのは、おおむね正しいと考えられます。


しかし、ここからは私見ですが、物忘れの自覚症状があるからアルツハイマー病ではないとするのは、正しくないのではと思います。



経験した中にこんな患者さんがいました。




家族も本人も、もの忘れが気になって受診しました。

確かに軽い物忘れがありましたし、正常とするに不安が残ったために、精密検査を行いました。

脳のMRIでは軽度ですが海馬の萎縮があり、脳血流シンチグラフィではアルツハイマー病に特徴的な血流の低下が認められました。

診断として、軽度認知障害(MCI)とするのですが、実際にはアルツハイマー病のごく初期であると考えられました。




「私は、物忘れがある」ということを数年前から訴えていたとのことです。

受診時にも、「もの忘れくらいありますよ」という具合でした。

実際に明らかな認知機能の低下が認められ、アルツハイマー病と診断できました。

1年2年とたつごとに、認知機能の低下は目立ってきましたが、本人の「もの忘れはある」という訴えは変わりませんでした。

しかし、よくよくみてみると、その訴えに深刻さはなく、患者さん本人は、本当にそれで困っているという様子はありませんでした。



①の患者さんは、病状がきわめて軽かったために、物忘れの自覚があったと考えられます。

この時点で来院され、治療が開始できたのは、認知機能の維持を行う上で良かったと考えられました。



②の患者さんは、実際には自覚はなく、ただ、口癖のように「もの忘れはある」と言っていたようでした。

訴えに深刻さがなく、物忘れによって困った場面を具体的に挙げられなかった
ところからも、そう考えられました。



アルツハイマー病には自覚症状がないというのは、大筋では正しいですが、これらの経験から、自覚症状がないからアルツハイマー病ではないとするのは少々危険なのではないかと思います。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

最近の写真