« 2016年2月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年5月 2日 (月)

糖尿病による認知症(糖尿病性認知症)

認知症の原因で最も多いのは、アルツハイマー病ですが、最近では糖尿病に関連した認知症が注目されています。

糖尿病の患者さんはアルツハイマー病を発症しやすいということは、以前から言われていましたが、糖尿病の患者さんのなかに、アルツハイマー病ではないと考えられる認知症を発症をする可能性があることが分かってきました。


これを糖尿病性認知症と最近呼び始めています。


糖尿病性認知症は、アルツハイマー病と比較して、記憶が保たれやすいが注意力が低い、進行は遅いなどの特徴があります。


検査においても、海馬の萎縮が目立たない、アミロイド(アルツハイマー病の原因物質)が脳に蓄積していない、といった特徴があります。


糖尿病性認知症と考えられる患者さんは、血糖値が高いことが多いのですが、血糖を適切な値にすることによって認知機能のある程度の改善が見込まれます。


ただし、低血糖になると、脳細胞が障害されてしまうため、かえって認知症を進行させてしまう危険性がありますので、血糖値を下げるときは慎重に行う必要があります。


出典
羽生 春夫, 深澤 雷太.(2014).尿病性認知症.日本内科学会雑誌  103:1831~1838.

« 2016年2月 | トップページ | 2016年9月 »

最近の写真