« 2016年5月 | トップページ | 2017年2月 »

2016年9月26日 (月)

認知機能を低下させるかもしれない薬

風邪薬を飲むと、眠気がでたり、集中力がさがるといった経験のある方は少なくないと思います。

その状態で作業をすると、いつもよりミスが増えるのは当然ですね。


これが、高齢者であったらどうでしょうか。

認知機能に余裕のある高齢者であれば大丈夫かもしれませんが、そうでない場合は、日常生活でもミスが目立って、認知症になってしまったと思われるでしょう。


風邪薬や鼻水止めの成分には、抗ヒスタミン作用があるのですが、これが眠気の元となっています。

また、これらの薬には抗コリン作用というものもあり、これが認知機能を低下させる原因となります。


コリンというのは、脳内の神経伝達物質で、脳細胞が信号をやり取りするために必要な物質ですが、認知症では、コリンが減少しているといわれています。


主要なアルツハイマー病の治療薬(アリセプト、レミニール、イクセロン、リバスタッチ)は、脳内のコリンを増やすことによって認知機能を高めます。

しかし、抗コリン薬を飲むと、逆のことが起こり、認知機能が低下してしまいます。


また、抗コリン作用のある薬を飲み続けていると、認知症になりやすいという報告も出ています。
(Gray, SL. et al. 2015. Cumulative use of strong anticholinergics and incident dementia: a prospective cohort study. JAMA. 175(3):401-7.)


抗コリン作用のある薬は、以下のとおりです(リストは抗コリン作用のある薬の一部です)

  • 古いタイプのアレルギー薬(第一世代抗ヒスタミン薬)
  • 主要な頻尿(過活動性膀胱)の薬
  • 抗うつ薬の一部(三環系抗うつ薬)
  • 抗不安薬(ベンゾジアゼピン系)
  • 抗パーキンソン病薬の一部(ビペリデンなど)



高齢者でこれらの薬を内服している場合、本当に必要か、他の薬に変更できないか検討しても良いと思われます。

« 2016年5月 | トップページ | 2017年2月 »

最近の写真