« 2016年9月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月21日 (火)

徘徊は命の危機

 2014年12月に、要介護4の91歳男性の認知症患さんが徘徊し、駅構内で電車にはねられて死亡する事故が起こりました。

 これに対してJR東海は損害賠償訴訟をおこし、一審では、家族に720万円全額の支払いを、二審では、長男に対する請求を退け、妻にのみ損害賠償約360万円の支払いを命じました。

 最高裁では、長男と妻について損害賠償義務を否定され、支払うことはありませんでしたが、認知症介護の問題に一石を投じる裁判となりました。


 徘徊による行方不明者は2015年に10322人で、死亡者は388人、所在不明者は151人となっています。

Photo
警視庁発表


 また、ある研究において徘徊者の死亡率が高いことが示され、翌日の生存率は約6割、5日以降の生存率は0となっています。

Photo_2

桜美林大老年学総合研究所 鈴木隆雄

  
 認知症サポーターや、
徘徊高齢者SOSネットワークという、徘徊者を地域で見守ろうという活動も広まりつつあります。

 街中で、季節に合った服装をしていない、靴を履いていない、うろうろしているなどの不自然な行動をとる高齢者を見かけた場合、徘徊である可能性があります。

 前述のとおり、徘徊者の発見が遅れると生存率が大きく下がってしまいます。そのため、こういった不自然な行動をとる高齢者を見かけたら積極的に声掛けを行ってください。

2017年2月20日 (月)

改正道路交通法

高齢者の自動車事故に関する報道が増えています。

 交通事故のうち、高齢者が運転する車がかかわる事故は20%ですが、これは10年前の2倍の割合となっています。


 数でいうと事故総数は平成18年と27年を比較すると、74287件⇒34274件と半減していますが、高齢者の事故は約8600件⇒7300件と減少幅はわずかです。

Graph

 そのため、高齢ドライバーにおける事故対策として、平成29年3月12日から道路交通法が改正されます。


 75歳以上の方が運転免許の更新を行うときに、認知機能検査が行われますが、この時に「認知症の恐れがある」とされた場合、免許を更新するためには臨時適性検査を受けるか、医師の作成した診断書を提出することになりました。


 また、75歳以上の方が「認知機能が低下した場合に行われやすい一定の違反行為」をした場合、臨時の認知機能検査を受けることとなります。

 この、一定の違反行為とは、認知機能の低下によって犯しやすくなるといわれるもので、信号無視、逆走、一時停止違反、右左折時の違反など、18の行為があげられます。

 臨時認知機能検査で「認知症の恐れがある」とされた場合は、免許更新時と同様に、臨時適性検査を受けるか、医師の作成した診断書を提出することになりました。


 今回の制度の改正によって、運転免許取り消しとなる高齢者が増加すると考えられます。


 しかし、公共交通機関が発達している都市部では大きな問題はないと思われますが、そうでない地方では日常生活に多大な影響があると考えられ、代替の交通手段などについての検討が必要であると言われています。


 また、現在もの忘れ外来は、すでに多くの医療機関で込み合っており、診断書作成までに時間がかかってしまうことも懸念されています。


 高齢者の事故を防止するという点では有効であると思いますが、改正によって新たな課題が生まれたともいえるでしょう。



警視庁ホームページ
高齢運転者に関する交通安全対策の規定の整備について(平成29年3月12日施行)
(http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/koshu/koureisha_anzen.html)

« 2016年9月 | トップページ | 2017年3月 »

最近の写真