フォト

最近のトラックバック

2019年10月 4日 (金)

花粉症と口のかゆみの関係について

みなさんは、スギ花粉症などのアレルギー性鼻炎でお困りではありませんか。

 

20歳から40歳代の日本人におけるスギ花粉症の頻度は30-40%に達しており、

国民病ともされています。

 

スギ花粉は春先にピークをむかえ、大きな社会問題となっていますが、実は花粉症の原因となる花粉はスギ以外にも多く存在し、スギと同様に強い症状をきたし、日常生活に影響を与えることがあります。

 

・春は、木本植物のスギやヒノキ科、カバノキ科、ブナ科の花粉が飛散します。

・初夏から秋は、草木植物のイネ科、キク科の花粉が飛散します。

 

秋にも、さまざまな花粉が飛散しているのですね。

 

喘息やアレルギー性鼻炎の患者さまに詳しくお話を伺うと、

果物などを食べたときに口や喉のピリピリやかゆみを感じるという方がいらっしゃいます。

 

これを、口腔アレルギー症候群(OAS)といいます。

 

花粉症の方が、花粉に似た構造をもつ果物や野菜を食べると、それに対してもアレルギー反応が起こり、口がかゆくなるのです。

 

花粉症とOASの代表的な例をあげます。

・シラカンバ、ハンノキ花粉症 ⇒ リンゴ、モモなどバラ科の果物

・イネ科花粉症 ⇒ トマト、メロン、スイカ、オレンジ

・ヨモギ、ブタクサ花粉症 ⇒ メロン、スイカ、セロリ

 

お子さんの場合は、口がかゆくなることをうまく表現できず、食べず嫌いだと思われているケースもあります。

 

喘息、アレルギー性鼻炎、口のかゆみなどでお困りの方は当院の呼吸器外来までご相談ください。

 

*呼吸器/アレルギー専門医の外来は水曜日午前中に行っています。

 

written by S.S.

2019年7月 8日 (月)

長引く「咳(せき)」「痰(たん)」でお困りではないでしょうか ~その咳、「ぜんそく」のお薬で治るかも~

 突然ですが、みなさんの中に長引く咳や痰でお困りの方はおられませんでしょうか?

 

 その咳、「咳喘息」という「ぜんそく」の一種かもしれませんよ。

 

 「ぜんそく」と聞くと、「ゼイゼイ」、「ヒューヒュー」という音が胸から聞こえてくるというイメージがありますよね。実際、長年専門家もそう考えていました。けれども、そのような音が聞こえてこない人も、「ぜんそく」の吸入治療でとてもよくなることがわかってきたのです。

 

 「吸入薬なんて大げさな」と思う方もおられるでしょう。しかし、そうした軽症の「咳喘息」も適切な治療を行わないと、「ゼイゼイ」、「ヒューヒュー」という音が胸から聞こえてくるような本格的な喘息に移行してしまうこともあるとわかってきました。

 

 治療は簡単です。ぜんそく治療のための吸入薬を自宅で毎日一回、口から吸うだけです。最近は、1日に1回吸入するだけの薬が主流になって、お忙しい方でもそれほど手間をかけずに治療することができるようになりました。

 

梅雨は花粉の時期と並んで「咳喘息」がよく見られる時期です。「せき」が出て困る、という方がいらっしゃれば、お気軽に当院までご相談ください。もちろん、「せき」の原因は喘息だけではありませんが、もちろんその場合の詳しい検査もご案内します。

 

なお、9月から呼吸器/アレルギー専門医による外来は水曜日の午後から午前へ変更する予定です。受診の際にはお電話でご確認ください。

 

written by S.S

最近の写真

  • Photo
  • Photo_2
  • Graph
  • Dsc_9931
  • 01
  • Pentagon
  • 03
  • Dsc_1069
  • Dsc_1070
  • Dsc_1071