フォト

最近のトラックバック

2021年6月10日 (木)

新型コロナウイルスワクチン接種のQ&A

久米医院では、6月14日から新型コロナウイルスワクチンの接種を開始します。

 

そこで、皆様からの、よくある質問について当院のアレルギー専門医がお答えします。

 

Q) 接種するワクチンはどのワクチンか?

A) 当院では、ファイザー社のワクチン「コミナティ」を使用します。

今後、他のワクチンも使用する可能性はありますので、気にされる方は事前にお問合せください。

 

Q) 気管支喘息の治療をしているが、ワクチンを接種できるか?

A) 基本的には、接種可能です。

気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎の方でも、コロナワクチンに対する重度の過敏症(アナフィラキシー等)の発症リスクは変わらないと、現時点では言われています。

ただし、喘息発作がでているときは、接種を延期したほうがよいと思います。

 

Q) ワクチンを打てないのは、どのような人か?

A) 接種当日に熱があったり、体調が悪かったりする時は接種を延期してください。

1回目のワクチンで重度の過敏症を起こした方は、2回目の接種をうけられません。

 また、「コロナワクチンの成分*」に対して、重度の過敏症のある方は接種することができません。

 

Q)  ③にある「コロナワクチンの成分*」に対する過敏症とは具体的には何ですか?

A) コロナワクチンで過敏症をきたす可能性がある成分として、

ポリエチレングリコール(PEG)が指摘されています。

また、PEGと似た構造をもっているポリソルベートを含む薬剤に対して過敏症のある方も注意が必要です。

 その他にも、不特定多数の医薬品でアナフィラキシーを起こしたことがある、

原因不明のアナフィラキシーを起こしたことがあるという方は、特に注意が必要です。

 

Q)  ポリエチレングリコール(PEG)とは何ですか?

A) PEGは、食品、化粧品、医薬品に広く使用されており、コロナワクチンが十分に効果を発揮するためにも重要な物質です。

ファイザー社とモデルナ社のワクチンは、「mRNAワクチン」と呼ばれますが、「mRNA」は壊れやすく、それをつつむ脂質膜の安定のためにPEGが使用されます。

ところが、このPEGが、ごく一部の方に過敏症を引き起こしてしまうかもしれないと考えられています。

 ちなみに、コロナワクチンによるアナフィラキシーが男性より女性に多いことから、日頃使用している化粧品による「感作」の影響も考えられています。

 しかし、新しいワクチンなので、重度の過敏症(アナフィラキシー等)がおこる明確な機序はわかっていません。

 現状では、十分な問診と接種後の観察が、主な対策とされており、私たちもそれらを丁寧に行ってまいります。

 

****************************

久米医院の呼吸器外来に通院されている気管支喘息の患者様からは、

「アレルギーがあるので集団接種にいくのは不安・・」

という声を多くいただいています。

 

地域の皆様のホームドクターとして、

【いつもの診察室で、馴染みのスタッフによって】

安心して初めてのワクチン接種をうけていただけるように準備を整えております。

 

*********************************

*64歳以下の方については、府中市から接種時期の案内がありましたら、

予約を開始しますので、少々お待ちください。

 

医療法人社団 久米医院

written by SS

2020年4月23日 (木)

新型コロナウイルス感染症とタバコについて

1.喫煙は新型コロナウイルス肺炎が重症化する最大のリスクです

2.三密「密閉」「密集」「密接」の喫煙室は濃厚接触の場です

3.家にいても、家族、近隣への受動喫煙を増やさないでください

4.あなた自身と家族、同僚を守るため、この機会に禁煙を!

 

日本呼吸器学会では、国民のみなさまに対して上記のとおり、禁煙をおすすめしています。

 

1.喫煙は新型コロナウイルス肺炎が重症化する最大のリスクです

中国・武漢を中心としたCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)のデータでは、喫煙者は、人工呼吸器を要したり、死亡したりする危険性が、非喫煙者と比較して3倍以上になることが明らかとなりました。

  

・喫煙は、COVID-19肺炎が重症化する最大のリスクと報告されています。

WHOも、COVID-19対策として、「禁煙」を強く推奨しております。

 

感染予防の観点からしても、口元へ手をもっていく喫煙という行為は、「感染のリスク」になります。この機会に、「禁煙」をしてみませんか?

 

2.三密「密閉」「密集」「密接」の喫煙室は、濃厚接触の場です

マスクをせずに1-2メートル以内の距離で、感染者と数分過ごすことは、

COVID-19の感染リスクを高めます。喫煙所は、マスクをはずして、「三密」の状態となることから、感染の危険性が高い場所です。

 

施設管理者の方には、喫煙室の閉鎖をご検討いただけるようお願いします。

 

3.家にいても家族、近隣の住民の受動喫煙を増やさないでください

緊急事態宣言後、自宅にいることが多くなっていると思います。

自宅内、ベランダ、玄関前などでの喫煙は、家族や周辺住民の受動喫煙を増やしますし、

近隣住民とのトラブルとなります。

気管支喘息などの疾患をかかえ、受動喫煙によって呼吸が苦しくなったり、咳が出たりして、苦しんでいる人が、あなたの近くにもいるかもしれません。

タバコの煙は、あなたが思うより、家族や近隣住民を困らせているかもしれません。

 

受動喫煙によって、家族や他人の健康を害することのないように、タバコはやめましょう。

 

 

日本呼吸器学会作成の禁煙推進動画 https://youtu.be/orefJTEcK14

 

~当院では、呼吸器専門医による「禁煙外来」に、積極的に取り組んでいます~

「禁煙」は、自分ひとりではなかなか難しいこともありますよね。

当院では、そのような、患者さまの気持ちに寄り添い、適切な薬剤やアドバイスをご提供しながら、あなたを「タバコフリー」の生活へ導いてまいりたいと思います。

あなたのタバコに関する悩みを、ぜひ、当院へご相談ください。

2019年7月13日 (土)

禁煙外来 ~タバコについて私たちと一緒に考えてみませんか~

 皆さんの中にタバコを吸われる方はいらっしゃいますか。

 

 「タバコは止めようと思っているけれど、なかなかやめられない」「家族がタバコを吸うので困っている」という方もいらっしゃると思います。

 

 当院では、呼吸器専門医による禁煙指導に力を入れています。

 当院の禁煙外来では、禁煙を手助けする薬の処方だけではなく、タバコを吸いたい気持ちをくみ取り、患者さまとのコミュニケーションを大切にしています。

 

そもそも、なぜタバコはやめられないのでしょうか?

 

タバコには有害物質が多数含まれており、発がん性物質は50種類以上にのぼるとされています。

その中でも「ニコチン」には、強い依存性があり、タバコをやめられない主な原因となっています。

 

タバコを吸われる方の中には、「タバコはストレスを減らしてくれる」「タバコで安らぎを得られる」「タバコのほかに、これといった楽しみがない」と、考えている方もいらっしゃるかもしれません。

 

実は、タバコを吸って気持ちが落ち着くのは、「ニコチン切れによるイライラ」をタバコによって解消しているに過ぎないのですが、多くのスモーカーの方はこの考えにご納得いただけないかもしれません。

 

ニコチンの依存性は、コカインやヘロインと同等レベルと言われておりますので、

「自分の意思」だけでやめることは難しいことが想像できますね。

 

 当院の禁煙外来では、患者さまお一人お一人の気持ちに寄り添い、患者さま自身がタバコについて理性的な「気付き」と「理解」を得て、禁煙へ気持ちが向いていくように心がけています。

 

 その上で、チャンピックスという禁煙補助薬を用いて3か月間の禁煙プログラムをご提供しております。

 ぜひ、お気軽に、タバコのことを相談しにきてください。

 

*当院の呼吸器専門医による外来は水曜日午後に行っていますが、9月から水曜日午前へ変更する予定です。詳しくは、受診前にお電話でご確認ください。

 

written by S.S.

2019年7月12日 (金)

長引くせき、痰 ~その咳、「タバコ肺」かもしれませんよ~

 今年も府中市の成人検診の季節になりました。

 検診では自覚症状や生活歴のことも伺いますので、皆様がご自身の健康を改めて見直すいい機会にされています。

 当院も連日多くの患者様が検診にいらしていますが、咳(せき)や痰(たん)で長く悩んでいる方をおみかけします。

 

 咳や痰は、「風邪かな? 年のせいかな?」と思ってそのまま放っておいてしまうことも多い症状です。でも、もしかしたらそれは恐ろしい「タバコ肺」が進んできていることをあなたにお知らせしているサインかもしれませんよ。

 

 「タバコ肺」とは、専門的には「COPD;慢性閉塞性肺疾患」と言います。風邪のようなノドの病気などではなく、肺そのものの破壊が進む怖い病気です。

 COPDはほとんど場合、タバコが原因です。そして、壊れた部分の肺は二度と治らず、病気が進行すると息が苦しくなっていき、重症になると自由に動き回ることもできなくなります。

しかし、適切なお薬で息苦しさをやわらげ、禁煙して残った肺の破壊をある程度防ぐことができます。

 

次の質問にいくつか当てはまる方は、COPDの可能性があります。

  • 40歳以上である。
  • 咳がでる。たんがからむ。
  • 走ったり、重いものを運ぶときに、同年代の人と比べて、息切れがしやすい。
  • 走ったり、重いものを運ぶときに、ヒューヒューすることがある。
  • タバコを長期間吸っていた (今も吸っている)

 

COPDが疑われる方には当院で検査や治療も行うことができます。

検査:レントゲン、CT、呼吸機能検査(肺年齢の検査)

治療:第一に禁煙が大切です。その上で、吸入薬を使用することで、症状を改善し、進行をなるべく防ぐことができます。

 

当院では、呼吸器専門外来/禁煙外来で積極的にCOPDの治療や禁煙指導を行っていますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

*なお、呼吸器専門医による外来は水曜日午後に行っていますが、9月から水曜日午前へ変更する予定です。詳しくは、受診前にお電話でご確認ください。

 

written by S.S.

最近の写真

  • Cog
  • Photo
  • Photo_2
  • Graph
  • Dsc_9931
  • 01